コレステロール 健康

コレステロール値が高い原因はなんだろう?

投稿日:2018年9月26日 更新日:

血液の健康度を測るうえで欠かせない指標となるのがコレステロール値です。
血液検査を受けると必ずと言っていいほど検査項目に入っていて、基準値より高いと注意を促されます。コレステロール値が高いと血液がドロドロになってつまりやすくなるだけではなく、体全体への大きな負担と悪影響を及ぼします。特にコレステロールが多いと血管の壁の中にドロドロ成分を発症させてしまいますので血管自体が硬くなってしまいます。
さらに、この部分が次第に膨らんできて血管を狭くしてしまい血流をふさいでしまいますし、その部分にカルシウムなどが付着してさらに大きくなって邪魔してしまうリスクもあります。血管がふさがれてくると血液によって運ばれる栄養素や酸素も不足してしまいますし、血流の圧迫感に壁が耐え切れず破裂してしまったり、完全に血液をふさいでしまうケースも出てきます。
困ったことにコレステロールが高い場合には毛細血管というよりも主要な大きな血管でそのような現象を引き起こしてしまうので、気づいた時には大変な状態になっていることがほとんどです。では、どうしてコレステロールが増えてしまうのでしょうか。
原因はいくつかありますが、多くは食生活の乱れや運動不足です。コレステロールが体内に滞ってしまうのは、体に脂質が多くなっているからです。脂肪の多い食物を多く摂りすぎている、さらには全体的に摂取量が多い方などは要注意です。さらに食物繊維の摂取が少ないのも原因の1つです。食物繊維は便通改善というイメージがありますが、実はコレステロールを絡めてて体外に排出する役目も盛っています。胆汁はコレステロールを分解して生成されますので、胆汁を多く作るほどコレステロールが消費されます。食物繊維があると胆汁が体外に排出されてしまうため、新たに作らなくてはならなくなります。
その時にコレステロールも消費されるので、体内に残りにくくなり値が下がってくるのです。このような生活習慣以外にも原因として甲状腺の問題を持っている体質の方は、正しい食生活をしていても甲状腺ホルモンが減ってしまうため血中に残りやすくなり値が高く出てしまいがちです。
しかし、多くの場合は自分でも十分に改善できる原因ばかりです。深刻になってしまうと死にもかかわる問題ですので、値が少しでも高いと診断されたら運動を取り入れ、脂モノやお菓子などを控えて、野菜中心の食事を続けるように変えていきましょう。










-コレステロール, 健康
-, , , , ,

Copyright© 幸せ健康生活支援情報館 , 2019 All Rights Reserved.