コレステロール 健康

コレステロールが気になる!コレステロールが高い食品

投稿日:2018年9月29日 更新日:

健康について考えるのであれば、しっかりと意識しておきたいのがコレステロール値です。
悪玉と善玉と呼ばれるものがあり、悪玉は体にとってとても悪いものというイメージを持つ人は少なくありませんが、どちらも体にとって必要なものです。
コレステロールというのは細胞を構成する為に欠かせない成分で、血液と一緒に体の様々な場所へ運ばれています。
肝臓から血液に乗って細胞まで運んでいく役割をしているのが悪玉と呼ばれているLDLコレステロールで、この量が正常であれば問題はありませんが、増えすぎると、使われなかった分を血管に残し動脈硬化等の原因を作ってしまいます。
善玉と呼ばれるHDLは血管に残ってしまったものを回収していく役割をしており、悪玉と善玉のバランスが取れている事が重要になってきます。
ですから、健康の事を考えたら、コレステロールを完全に排除するのではなく、過剰摂取に注意をしていく事が重要になります。
その為には食品に含まれている量を知っておく事が大切です。
コレステロール値が高い食品といえば鶏卵が有名です。なかでも黄身の部分に多く含まれ、マヨネーズ等は、黄身だけで作るよりも、全卵を使って作る方が数値は下がります。
なお、鶏卵はそのまま食べる、マヨネーズに加工する以外にも、様々な使われ方をしています。
特に洋菓子類には多く使われており、プリンやカスタードクリーム、スポンジケーキには多くの鶏卵が使われています。
ですから、鶏卵そのものだけでなく、加工品にも注意をしておく事が大切です。

鶏卵以外で有名なのは魚卵です。
いくらやすじこ、たらこや辛子明太子、子持ちししゃも等は、その数値が高い事で有名です。
それ以外にもフォアグラやあん肝、レバー類等の肝にも多く含まれています。
少しでも健康な状態を維持したいと考えるのであれば、コレステロールが多く含まれた食品を過剰摂取しないように注意しておく事が大切です。
そして、悪玉を減らしていきたいと考えた場合にしておきたいのが有酸素運動運動です。
有酸素運動をして中性脂肪を減らすようにしていけば、悪玉を減らしやすい状態を作れます。
更に、健康な状態を目指したいと考えるのであれば、コレステロールの酸化を防ぐ為に、ポリフェノール等、抗酸化作用がある食品や飲み物を積極的に摂取していく事がおすすめです。
それにより、コレステロールが原因となる動脈硬化の予防に繋がっていきます。










-コレステロール, 健康
-, , ,

Copyright© 幸せ健康生活支援情報館 , 2019 All Rights Reserved.