コレステロール 健康

コレステロールを下げる為に食事を見直そう!

投稿日:2018年10月7日 更新日:

現代の日本は食生活に恵まれており、コンビニやスーパーなどで好きなものを購入できる環境が整っています。つい好きなものばかりを購入して食べたくなるものの、そのような食生活を送っていると、生活習慣病になるリスクが高まってしまいます。
特に中高年以降の人は気を付けましょう。この歳になってくると血中にコレステロールが溜まりやすくなるからです。コレステロールの全てが悪いのではなく、LDLの存在が厄介です。血管の壁を傷つけたり血栓を作り出すことで、循環器系の病気を発症しやすくします。身近なものとして高血圧があり、悪化すると脳梗塞や心筋梗塞などの重い病を引き起こします。
LDLコレステロールを増やさないようにするには、日常の食生活が重要になります。食事を上手くコントロールすることにより、増えすぎたLDLコレステロール値を下げることが可能です。健康診断の結果が良好になり、病気にかかるリスクを下げることにも繋がりますから、今から見直すことをおすすめします。
食事として取りたいのは、不飽和脂肪酸を含む食材です。オメガ3脂肪酸が該当しますが、その中でも有名なのがDHAとEPAです。これら脂肪酸には血液の流れをスムーズにする作用があります。健康食品として人気がある栄養素で、国の機関からも毎日1000mgは摂取することを推奨しているくらいです。
DHAとEPAが豊富に含まれている食材として、青魚があります。サンマやイワシ、マグロにブリ、サバなどが代表的な青魚です。どれも日本人にとって馴染みの深い魚ばかりですが、現代人は青魚を食べる習慣が減ってきています。出来る限り食卓に青魚の料理を並べるように工夫しましょう。
生の青魚を購入するのが難しい、調理が面倒ならば、缶詰を購入する方法でも構いません。油分や塩分、糖分などの取り過ぎに気を付けながら缶詰を有効活用しましょう。
オメガ3脂肪酸にはαリノレン酸というものも存在し、これも血流改善や血栓予防に役立ちます。エゴマ油や亜麻仁油などの植物油から摂取可能です。
他に覚えておきたいのが、HDLコレステロールの存在です。LDLと同じく人の体内に存在するものですが、HDLは善玉コレステロールとも呼ばれており、HDLが多くなるとLDLの値を下げることができ、血液の流れをスムーズにして、血栓が出来るのを予防してくれます。
HDLコレステロールを増やす食事には、チョコレートやアーモンド、食物繊維の豊富な食材、トマトなどが存在します。










-コレステロール, 健康
-, , , , , , , , ,

Copyright© 幸せ健康生活支援情報館 , 2019 All Rights Reserved.