体質改善

眼精疲労と頭痛を改善するクロセチン

投稿日:2019年2月12日 更新日:

クロセチンとは、クチナシの果実(種子)、サフラン(ハーブ)でよく知られている黄色い天然色素の成分で、カロテノイドの一種です。
にんじんに含まれているβ-カロテンやトマトのリコピンも、同じカロテノイドに分類されます。
カロテノイドは強い抗酸化作用をもち、とくにクロセチンは分子が通常のカロテノイドより小さいため、体内に吸収されやすく目にも届きやすい成分です。
1kgのクチナシの実からわずか数gという貴重な成分で、古くから生薬としても利用されています。眼精疲労や頭痛を改善する働きを3つに分けて説明していきます。

クロセチンの眼精疲労を改善する効果

クロセチンのもつ分子量の小さい特徴が、ダイレクトに目に働きかけて眼精疲労を改善します。目は毛様体筋という筋肉の伸び縮みによって、カメラでいうとレンズの役割りをする水晶体の厚みを調節します。このピント調節の働きの毛様体筋のおかげで、遠くや近くを見ることができます。
しかし毛様体筋の緊張が長時間続くと、凝りかたまってきます。目の周りの血流が悪くなることで、細胞や神経に酸素や栄養がとどかず、さらに目の疲れが蓄積して眼精疲労をおこします。
クロセチンには目の血流を改善する作用や炎症をおさえる作用があります。これらの作用が目の毛様体に直接働きかけて、凝りをほぐしてくれます。クロセチンにより目の血流が改善することで、細胞、神経に充分な栄養がとどくため眼精疲労を改善することができます。
また抗酸化作用が強いため、目に悪影響をおよぼす紫外線やパソコン、スマートフォンのブルーライトからも目を守り、疲労しにくくする効果があります。
眼精疲労だけでなく網膜症にも効果があるため、老化からくる加齢黄班変性、緑内障にも効果がある成分です。クロセチンには神経を保護する作用があるため、目の疲労回復をさまたげる睡眠障害を改善する効果ももっています。

クロセチンの頭痛改善効果

クロセチンには疲れ目からくる肩こり、頭痛を改善する効果があります。
疲れ目、眼精疲労になると目の周りのかたくなって血流が悪くなることで、肩こり、首こり、頭痛につながります。とくに眼精疲労は目の奥の痛みだけでなく、あらゆる症状をおこします。
一般的に頭痛には3つタイプがあります。緊張型と片頭痛、群発性になります。
緊張型は頭がキリキリとしめつけられて、肩や首のこりが特徴で、長時間続いたりめまい、倦怠感をともないます。
片頭痛は月に数回発作的におこる頭痛で左右どちらかのコメカミ、または両側がズキンズキンと痛み吐き気をともなうこともあります。
この2つの頭痛は、眼精疲労が原因になっている場合がふえています。
クロセチンには血流を改善する働きや活性酸素を除去する抗酸化作用によりこれらを改善する効果があります。目の周りの毛細血管のドロドロした状態を改善してきれいな血液にし凝りをとることで、
肩こり、首こり、頭痛を改善します。
また血圧や血清コレステロールの降下作用ももっています。目の疲れが頭皮をかたくして血液循環を滞ることは、睡眠の質を悪化させうつ病など精神的疾患をおこしてしまう場合もあります。
群発性の頭痛は、まだ不明な点が多く目の奥に強い痛みを感じ、アルコールが発作の引き金になっているといわれています。
郡発頭痛とクロセチンの効果は現在、関連づけされてはいません。

ルテインと摂取するとさらに効果的

ルテインも強力な抗酸化作用をもつ同じカロテノイドの一種で、クロセチンとの相乗効果で目の疲れ、病気を改善する効果をもっています。
私達の身体の中でもとくに目は光り、紫外線など活性酸素のダメージを受けやすい部分でもあります。光りは角膜、水晶体、硝子体を通過して、網膜黄班部で感じることができます。
この黄班部、水晶体にはルテインが集中しているため、ブルーライトを吸収しフィルターの役割をしています。
この活性酸素を除去する抗酸化作用が、クロセチンとダブルで摂取すると抗酸化パワーがアップしてより効果が大きくなります。
パソコン、スマートフォンのブルーライトは強烈なため、寝ていても目の疲れや緊張はなかなか緩和されることはありません。ブルーライトは毛様体筋を凝りかたまらせて、最近ではスマートフォンなどが原因の眼精疲労、ドライアイが多くなっています。
このように強い光りのダメージから網膜を保護する効果や血流改善に、ルテインとのダブル効果がかかせません。
クロセチンは単体でも活性酸素を除去する抗酸化作用の働きがありますが、ルテインとの併用で目にかかわる健康被害の予防する効果がより大きくなります。

まとめ

以上のように目の疲労回復に重要で、睡眠の質をさげてしまう睡眠障害は身体全体の疲労にもつながります。
蓄積しやすい目の疲労にはクロセチン、ルテインさらにポリフェノールの一種のアントシアニンなどもサプリメントとして摂取することが大切です。
ルテインは加齢とともに減少しその他の成分は体内で合成することができません。
目の疲労は休養のとっても簡単に症状が改善されず、自律神経のバランスをくずしてあらゆる症状をおこします。
クロセチンをはじめとするカロテノイドの成分を毎日摂取することで、これらの健康被害を予防することができます。










-体質改善
-, , , , , , ,

Copyright© 幸せ健康生活支援情報館 , 2019 All Rights Reserved.